第10回 永濱修の哲学(10/12)

10月のゲストは、永濱時計店店主の永濱修さんです。

————————————————-
プロフィール
————————————————-

永濱修(ながはまおさむ)さん、66歳。
ナガハマ時計店代表。大阪・生野工業高校時計・計器科卒業。
一級時計技能士。ひょうごの匠。兵庫県時計技能士会代表。
厚生労働大臣「現代の名工」卓越技能章受賞。黄綬褒章受賞。

明治30年創業のナガハマ時計店は、
ルーツをさかのぼると姫路初の時計製作会社「播陽時計」につながる。
永濱さんの曽祖父は設立に関わったそうだ。
4代目である永濱さんは、小さな頃からその器用さを発揮し、
ゴムで飛ぶ紙飛行機をつくっては大会で連続優勝を果たす。
その後、時計を学ぶために大阪の高校へ進学。

当時最年少で一級時計修理技能士の資格を取り、多趣味で強気に過ごした青年時代を経て、
阪神大震災を大きな転機に「形見の時計や思い出の時計を直す」という
「心」を大切にした仕事をはじめるようになった。

それから15年、永濱さんの元に届いたお礼状やマスコミ取材は数え切れず。
皇室の方々や蓮舫行政刷新担当大臣など様々な方の大切な時計を直したり、
震災で止まった時計を再び動かしたりと、時計師として活動を続けている。
 
「どんな時計でも絶対に直ります」と言い切る永濱さん、
その確かな技術力と優しい笑顔の源を探る。

————————————————-
参考URL・参考資料 
————————————————-
ナガハマ時計店 http://nagahama.biz/